法政大学

■■ ご挨拶 ■■

 ご訪問ありがとうございます。
 ご来訪くださいましたみなさんを歓迎いたします。

 本ウェブサイトは、主に3つの目的をもってさまざまな情報を提供いたします。
 第1の目的は、法政大学の法学部政治学科および大学院政治学研究科ないし公共政策研究科と連帯社会インスティテュートの一端を紹介することで、進学を思案している方に適切な判断材料を提供することです。
 第2の目的は、法政大学法学部政治学科および国際政治学科の学生、とりわけ2年次から所属することができるゼミナールを選ぼうとしている1年生に私のゼミナールを紹介することです。
 そして、第3の目的は、自治体の職員や議員をはじめとする広く公共サービス全般に携わる方やその方面に関心を有する方に有益な情報を提供することです。
 もっとも、これまでの経験では、私がどのような人間であるかを調べる目的でアクセスする方が最も多いようですので、私自身が何者であるかについてもお伝えします。

 本ウェブサイトは、主な内容を「教育・研究」「社会活動等」「自己紹介等」「外部リンク」の4部に分けます。
 「教育・研究」の部では、法政大学法学部の政治学科や大学院の政治学研究科を中心に、公共政策研究科と連帯社会インスティテュートについても、それぞれの特徴と私が担当している授業科目等についてお伝えします。また、私のゼミナールの紹介、さらにこれまで私が自治体レベルの行政や地域政治、地域社会における政策課題、あるいは大学生の学生生活などに関してどのような調査研究等をしてきたか等についても掲載します。
 「社会活動等」の部では、2013年6月に理事長になりました一般社団法人千葉県地方自治研究センターに関する情報をはじめ、地元自治会活動を含めた種々の活動、あるいはご要望をいただくことが多い自治体職員等を対象とした研修ないし講演に関する情報をお伝えします。
 「自己紹介等」の部においては、私自身の個人史に類する事項を記します。加えて、私が取材を受けた記事も紹介します。さらに簡単な読み物も加えますので研究論文とは別の面をご覧いただけると思います。
 「外部リンク」の部では、私自身が日常的に参照するウェブサイトをはじめ、公共サービスに関する調査研究等に役立つウェブサイトにリンクを張ります。

 本ウェブサイトは、2003年に試作を開始し、翌2004年5月に初版正式版を公開しました。その後改版を繰り返し、2013年10月にこの第9版に至りました。詳しくは技術情報の項に記しますが、この改訂はスマートフォンなどの新しい情報機器への対応を第1に考慮する大規模な改変で、同時に内容も一新しました。そして、その後は、構成に少しばかりの手直しを加えましたが、大きな変更はなく内容の更新も遅れがちに推移しました。しかし、そうした作業も2014年8月に一時止まってしまいました。
 大学の授業負担から解放された2015年度に内容更新作業を進めるつもりでいましたが、移住先の札幌ではその余裕もなく、その後千葉に戻ってからもずっと作業にとりかかることができないままでした。やっと2016年の11月になり作業に必要な基本情報を法政大学の情報センターに確認することができて、第2期工事を始める情報面の環境は整いました。
 そのときは、よもや同年10月に受傷した交通事故の後遺症が時を経て厳しくなるとは想像できませんでした。両手の痺れは一進一退を繰り返し、結果として第2期工事もほとんど進めることができませんでした。
 2017年11月になり、ようやく第3期工事にとりかかることができました。まだ後遺症は消えないのですが、無理をせずに少しずつ作業を進めて徐々に内容を改めていきます。
 休眠中状態が長く続いた間にも、多くの方々にアクセスしていただきました。再生に向けたご要望や激励も数多くいただきました。ここに篤く御礼申しあげます。

 なお、私の氏名は正しくは「宮伸光」ですが、「宮伸光」と表記することもあります。また、本ウェブサイトに関する著作権は放棄致しません。内容を再利用することによって、万一何らかの損害を及ぼしたとしても、一切の責任は負いません。言わずもがなのことですが、本ウェブサイトを含め、インターネット上の情報は無条件で全てを「鵜呑み」にしないように留意してください。