■■ 自治研センター ■■

 私は、2013(平成25)年4月に急逝された井下田猛姫路獨協大学名誉教授の後継として同年6月に一般社団法人千葉県地方自治研究センターの理事長に選任されました。
 同自治研センターは、1986年3月に発足した後、さまざまな事情から活動の休止、再開を繰り返していましたが、2009年12月に一般社団法人として体制を整え、井下田理事長の下で活動を再開しました。
 神奈川県には、公益社団法人神奈川県地方自治研究センターがありますが、学部の学生時代に後に大学院で師事する横山桂次先生が理事長を務められていた関係もあって、調査研究活動のお手伝いなど出入りを繰り返していました。
 後々私は地方自治総合研究所に職を得ますが、神奈川県の自治研センターと千葉県の自治研センターは共に地方自治総合研究所とも兄弟姉妹のような関係にありますので、地元千葉県の自治研センターについてはその動静を時折気にしておりました。そのようなこともあって、2009年の活動再開には私も参画し、以来、副理事長を拝命いたしておりました。
 とはいえ、大学の方の職務に追われ、なかなか自治研センターに足を運ぶこともままならず、主要事業の1つである季刊誌『自治研ちば』に掲載を始めた私としては初めての連載記事「数字で掴む自治体の姿」も毎度締め切りギリギリの入稿を繰り返していました。
 事情が事情だけに本当に突然、理事長という大役を仰せつかることになりました。前理事長と同じ役割を果たすことはとうてい望むべくもありませんが、関係各位のお力添えをお願いしつつ、できることを着実に果たしていきたいと思っています。
 千葉県地方自治研究センターについて、詳しくは下のリンクから同自治研センターのウェブサイトをお訪ねください。

 ⇒自治研センターへ