■■ 学会・研究会等 ■■

 私は、下に掲げる6つの学会に所属するほか、いくつかの研究会に参加しています。
 ご覧のように学会には似通った名称のものもありますので、事情に疎い方には紛らわしく思われるかもしれません。
 実際、研究領域や問題意識の近い者、いわゆる「同じ、ないし近くの畑を耕す仲間」同士では、どの学会に行っても顔を合わすというようなこともあります。
 つまり、学会の構成員には重複も少なくありません。しかし、それにも拘わらず、学会にはそれぞれの特徴があることも事実です。
 また、研究会には実にさまざまなものがあり、「研究会」として1つに括ること自体にムリがあるようにも思います。しかしながら、ここには私自身が主宰するものを含め、現在活動中の主なものを掲げます。

◆所属学会


・日本自治学会 2000年11月~会員
・日本公共政策学会 1996年06月~会員
  理事(2006~2008年)
・日本行政学会 1989年04月~会員
・日本地方自治学会 1988年11月~会員
・日本政治学会 1988年10月~会員
・自治体学会 1986年05月~会員
  設立よびかけ人の1人
  編集部会員(1994~2002年)
  総務活性部会員(2006~2008年)

◆主な研究会



・ちば自治体法務研究会
 鈴木庸夫明治学院大学教授(元千葉大教授)による職員研修を契機として千葉県内の自治体職員を中心として結成された研究会です。月例の研究会にはすでに20年以上の歴史があります。

・行政技術研究会
 いわゆる「武蔵野学派」と呼ばれる、自治体職員中心の自主研究会としては草分け、老舗の研究会です。

・公務員制度研究会
 公益財団法人地方自治総合研究所に設置された研究会です。

・公共服務研究会
 法政大学大学院でかつて私のゼミナールに属していた者や現役の大学院ゼミナリステンを中心に、大学院レベルで研究会に集う場を公共服務研究会という名称で設定しました。ゆるやかなコミュニティとして発展させていきたいと考えています。